月別アーカイブ: 2016年1月

あえてルネサンスに取り組む意味

定期演奏会を無事に終えて、綱川先生のヴォイストレーニングも本格的に始まりました。

次回演奏会(期日未定)ではパレストリーナのミサ、ブレヴィス。千原英喜「雨ニモマケズ」弦楽合奏版を中心にプログラムを組みました。これ以外に数曲ショートピースを考えています。

単純に現在メンバーが少ないこともあってルネサンスの巨匠パレストリーナに取り組むことにしたこともありますが、合唱の基本はアカペラにあります。
特にルネサンス期のミサ曲は名曲が多く、その中でも最も有名と言えるミサ、プレヴィスはアンサンブル・エテルナ第一回定期演奏会で取り上げた曲で、個人的に思い入れも大きい曲です。

ルネサンスの前の時代は中世です。
中世の時代は教会が全てを支配していて作曲者の名前がほとんど残っていません。
あえて言えばマショウくらいでしょう。

ルネサンスの時代を迎えて作曲家たちが楽譜に署名をするようになりました。
作曲家の誕生です。
それを促進したのは印刷技術の発達です。
この時代にヴェネツィアのペトルッチが商業的な楽譜印刷を始めたからです。

中世から続く定旋律での作曲法は変わりませんが、作曲家たちは自由に作曲をするようになってきました。
特に重要なことは長三和音を使い始めたことが大きく曲の雰囲気を変えていきました。
補足ですが、1337〜1458年までフランスとイギリスが百年戦争をしていました。
この時にイギリスの影響(長三和音の使用)がフランスに入ってきて完全音程だけでなく長短音程も
使われ始め響きが柔らかくなったと学術的には言われています。

話を戻します。
まずはパレストリーナを中心に練習を進めながら伴奏に頼ることなく歌えることを目指しましょう。
ある程度の目処がついたところで「雨ニモマケズ」の練習をスタートする予定です。

頑張って団員を増やしましょう。